読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおなおのクトゥルフ神話TRPG

クトゥルフ神話TRPGを中心として、ゲーム関連の話題を扱っていきます。



【クトゥルフ神話TRPG】【シナリオ】【唄う人形】影法師の奇想曲

はじめに

このシナリオは「クトゥルフ神話TRPG」と「クトゥルフ2010」に対応したシナリオです。
全部で5話となるキャンペーン「唄う人形」のシナリオの2番目のシナリオとなります。
シナリオ自体は概ね独立しており、個別にプレイすることも可能ですが、背景設定や伏線などもありますので、順番にプレイする事を推奨します。

後半2つのシナリオは伏線回収が多く含まれるため、予め前の3本のシナリオをプレイしておいた方が楽しめます。

探索者は3〜5人を推奨、プレイ時間はどどんとふを用いたオンラインセッションで9〜11時間程度になります。
時代は現代日本。場所は東京になります。探索者としての制限は原則ありません。

基本的には前回の継続探索者が理想ですが、学校関係者、警察関係者であれば導入も組みやすいかと思います。
推奨技能は目星・聞き耳・図書館・オカルト・説得・言いくるめ・組み付きです。
戦闘になる可能性もそれなりにありますので、戦闘系技能についてはあったほうがいいかもしれません。
初心者向けのシナリオということもあり、難易度は☆〜☆☆程度になります。

シナリオ概要

前回の被害者であった月詠散乃は、あの日以来、探索者のところによく遊びに来るようになっていた。
ある日、彼女の友人が学校の怪談の一つ「影法師」に襲われたという相談を持ちかけられ、翌日、その友人に「影法師」に襲われた時の話を聞いていたところ、突然、その友人が探索者に襲いかかってきた。
それと時を同じくして、「影法師」は事件として、警視庁特命部の元にも届いているのであった。

探索者達は「影法師」の謎を追って散乃の高校に向かう。

実際にプレイした際の状況

このシナリオはテストプレイの際にどどんとふを行ったオンラインテキストセッションで行っております。

その際のメンバーとして、KP(シナリオ製作者)、PL(経験少なめと多めが半々程度)の構成、1日3〜5時間のセッションで大体4日かかりました。

トータルで11〜13時間といったところです。

シナリオの傾向

今回のシナリオは学校を舞台とした怪談モノ。そこにクトゥルフの要素を少し加えています。

と言っても、今回は神話生物はオリジナルとなっており、クトゥルフ神話TRPGの路線からは若干逸脱したシナリオとなっております。

初心者向けを意識しており、よほどの行動をしない限りは死亡/発狂はしないようになっています。

ただし、どのシナリオにも言えることですが、力押しをしようとすると、死亡/発狂リスクが上がるような設定になっています。

シナリオのダウンロード

以下のリンクからダウンロードできます。

内容はシナリオテキストになります。

キャラクター画像などは自由に設定してください。

www.dropbox.com