読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおなおのクトゥルフ神話TRPG

クトゥルフ神話TRPGを中心として、ゲーム関連の話題を扱っていきます。



【クトゥルフ神話TRPG】【調律師の終曲】セッションレポート vol.6

セッションレポート

やっと話が進みました

ついに6回目のセッションになってしまったわけですが、やっと今回、話を大きく進めることができました。

しかし、難しいのは、PL間の相談なのか、行動宣言なのか、判断がつかないときがあるということですね。

そこらへんはKPとしての熟練度に期待するしかないかなと思っていますが。

前回の反省を踏まえて

さて、前回のアドバイスなどをもとに、襲撃部隊に無形の落とし子を入れようと思ったのですが、ルルブをよく見ると、飲み込んで行動不能にさせるまでは問題なかったのですが、移動すると外に出てしまう、という記述があったのと、自分で書いたプロットに、個別にいるドールズは襲撃して殺害してしまってOKと書いてあったのに気付いたので、そのまま襲撃して中身だけ取り出すことにしました。

 

強硬策といえば強硬策ですが、これのおかげで、バラバラで行動するということにリスクを感じさせることができたと考えると、もっと早い段階で入れても良かったかなと思いました。

そして、後のイベントのためにも、ドールズには最低一人、できれば二人は死んでいてくれないと面白くないので、ちょうどいいといえばちょうどいいのかもしれません。(本当は前回のシナリオで数人死亡する予定でしたし)

 今回の人物相関図

そのおかげもあって、無事に封印解除のイベントを達成できたわけです。

ちなみに、今回のセッションの人間関係を整理するとこんな感じです。

f:id:naonao3939:20150909001854p:plain

一応、探索者がクトグァさんを召喚できるので、四大属性のうち出てきていない神性はあと1つなわけですが、こちらもご登場予定です。降臨されるかはわかりませんが・・・。

今回のキモは、大きい組織4つの間でどう立ち回るかというところと、その4つの間で同じように立ち回っている水瀬&眞白ペアをどうするかになります。

ラストバトルについて 

とりあえず、ラストバトルその1の対水瀬戦はあっさりと終わったわけですが、いやはや、2Rならまずやられないだろうと高をくくっていましたが、半分以上持って行かれるとは驚きです。

そして無事にお亡くなりになった水瀬さんに続いて現れたのが夜鬼を引き連れた眞白さんです。

だいたいの次回予告

これがラストバトル2になりますが、ここでも軽く分岐があります。といっても、眞白さんを殺すか殺さないかという話ではありますが。

ここで、第2部の呪文が活きてくるかどうかっていうところですが。

この時点でラストバトル3の災厄の怪物はすでに復活していて、ラストバトル2では災厄が毎ラウンド発生します。

災厄(大地震)は毎ラウンド、KPが3d6を振って地震の強さを、それとDEXの対抗ロールで失敗すると転倒してしまいますが、跳躍ロールに成功すると回避できます。

と、次回までにこの設定を忘れそうなので、一応書いておいているわけですけど。

 

最後のラストバトル3は災厄の怪物との戦闘ですが、こちらは普通に戦うとまず勝ち目はないですね。強さもダゴンの比ではないですし。

ここでどうするかは探索者次第ですが、さて、どうするかは、次回のお楽しみですね。

案外、4大の神を召喚するという解決法もなくはないと思っています。