なおなおのクトゥルフ神話TRPG

クトゥルフ神話TRPGを中心として、ゲーム関連の話題を扱っていきます。



【クトゥルフ神話TRPG】シナリオ第五部のリライト中です。

今週末めどに終わらせたいところですが・・・

最近、なかなか書く時間がなくて、第5部のリライトはあまり進んでおりません。とはいえ、すこーしずつ進めていますので、早ければ今週末、遅くても来週明けくらいには公開できるんじゃないかと思っています。

 最近、なかなか週末に安定して時間が作れないため、2週目も進めることがなかなかできなかったりしていますが、11月からは少しでも時間取れるといいなあ、と思っています。

1週目はテストプレイも兼ねて、割と甘い判定が多かったですが、2週目やるとしたら、判定は若干厳しくなるかもしれません。(私がキーパーに多少なりとも慣れてきたせいもありますが)

第五部も友好度

第4部で設定した友好度は引き継ぎつつ、第五部でも友好度があります。ただし、今回は個人対個人の友好度ではなく、組織対組織の友好度になります。もちろん、組織の片方は探索者グループになります。

今回はなぜ探索者個人ではないかというと、基本的に人が組織として判断する際には、相手個人というより、相手個人の所属する集団という括りで見る場合が多いためです。そのため、他の探索者の行動によりピンチになるかもしれません。

一応の例外ルールとして、別組織であると言い張る(言いくるめ)によって一時的に独立させることは可能です。しかし、関連が深いと思われた場合は、平均に均されます。

1週目では、この辺のルールを曖昧にしており、状況の変化はほとんど起こさせませんでしたが、このルールを適用することにより、深海の光側でシナリオを進めることも可能になります。

組織は1週目と同じものにしようと思いますが、もしかしたらミ=ゴは外すか友好度の対象外にする可能性もあります。(第3部で敵対しておりますし、好感度を得るのは難しいかと)

2020年の世界も

前に少し記事にしました2020年の世界についても、少しずつ肉付けをしているところです。こちらは世界も現代日本と随分変わっていますので、シナリオとして出すのはまだまだ先になりそうです。先に世界観がわかるような話を一本書いて、その上でシナリオを作る予定です。

まだ予定ですが、オリジナルの神話生物も出す予定です。もしかしたら、近いものがマレウスあたりに載っていたりするかもしれませんが。グレートオールドワンとその従属種族を1つか2つの予定です。シュドメルも関東大震災から太平洋戦争までの割とセンシティブな内容を扱ったものでしたが、こちらもこちらで今の日本の政治問題に絡んだネタになっているので、ネタをネタと思えない方は楽しめないかもしれませんけど。