なおなおのクトゥルフ神話TRPG

クトゥルフ神話TRPGを中心として、ゲーム関連の話題を扱っていきます。



【クトゥルフ神話TRPG】【シナリオ】【唄う人形】調律師の終曲

はじめに

このシナリオは「クトゥルフ神話TRPG」と「クトゥルフ2010」に対応したシナリオです。
全部で5話となるキャンペーン「唄う人形」のシナリオの最後のシナリオとなります。
シナリオ自体は概ね独立しており、個別にプレイすることも可能ですが、背景設定や伏線などもありますので、順番にプレイする事を推奨します。

探索者は3~5人を推奨、プレイ時間はどどんとふを用いたオンラインセッションで12~14時間程度になります。
時代は現代日本。場所は東京になります。
探索者は前回の継続、あるいは登場NPCである上杉無有(警察関係者)やドールズと関係性を持ちやすいキャラが理想です。
推奨技能は説得・言いくるめ・精神分析・目星・聞き耳・回避・跳躍・登攀・忍び足・隠れるです。
戦闘になる可能性もかなりありますので、戦闘系技能についてはあったほうがいいかもしれません。
最後のシナリオということもあり、難易度は☆☆☆~☆☆☆☆程度になります。

シナリオ概要

先にあった事件により、今までは裏の世界ですら半信半疑の噂とされていたドールズの存在が、確固たるものとして知れ渡ってしまった。この情報は表の世界では偽装情報の報道によりごまかすことができたが、裏の世界では瞬く間に知らぬものはいないというほどに広まってしまった。
無限の魔力を生み出す装置ということから、一部では核兵器よりも有用な兵器であると認識されており、それにより、いくつかの組織に不穏な動きがみられるようになった。
しかし、ドールズはある存在の封印として作られたものであるため、誰かの手に渡ることは避けたいと考えている日本政府と警視庁は事件を未然に防ぐために、本格的に対策に乗り出した。
しかし、現実として事件が発生していない以上、大掛かりな作戦を展開することは難しいため、少数の精鋭により事件を解決させる作戦を計画しているのであった。

実際にプレイした際の状況

このシナリオはテストプレイの際にどどんとふを行ったオンラインテキストセッションで行っております。

その際のメンバーとして、KP(シナリオ製作者)、PL(経験少なめと多めが半々程度)の構成、1日3〜5時間のセッションで大体5日かかりました。

ただし、この時はKPの調整不足などもありましたので、実際にうまく回せば、他のシナリオと同程度になると思われます。

トータルで11〜13時間といったところです。

シナリオの傾向

今回のシナリオは巨大な組織の間でそれぞれをうまく調整し、最終的に封印の阻止を目指すものです。(実際には難しいですが)相手も個人でなく、組織であるという性質上、実際に知られていることが事実に基づいたものであるとは限らなくなっています。

今回の組織も前回のNPCと同様に探索者にとって協力的では必ずしもなく、その時々の目的の中で行動するようになっており、その中で探索者たちは事件解決のために立ち回る必要があります。

今回も、キーパーは原則としてNPCと舞台を用意する役に徹するため、プレイヤーが主体的に行動する必要があります。ただ、前回と異なり、相手も組織立って動いていますので、行動の規模が大きくなりやすくなっています。

上級者向けのシナリオになりますので、基本的に積極的に動きつつも、時には時期を待ったり、搦め手を使うなどの対応を取る必要があります。

今回は組織の深部に神話生物の影が多くありますので、どの組織にも深く関わるほどSAN値を削られることになります。その上で、どの組織と深く関わっていくかは、探索者の決定になります。

シナリオのダウンロード

以下のリンクからダウンロードできます。

内容はシナリオテキストになります。

キャラクター画像などは自由に設定してください。