読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおなおのクトゥルフ神話TRPG

クトゥルフ神話TRPGを中心として、ゲーム関連の話題を扱っていきます。



イケダハヤトに見る、ブログの面白さ考

駄文しか書いていない私ですが

一応、ブロガーとして認められるくらいにはPVがあります。ちなみに収益とかは気にしてはいけません。それでも、日々少しずつ読者を増やして行ければなあとコンテンツを書いていたりします。最初の頃は記事数重視で書いてもいましたが、最近はなるべく面白いコンテンツを増やしていきたいと思っています。実現には遠いですが。

そんな風に考えている矢先、こんな記事を見つけました。

個人的にはFacebookで流れてきた記事をちらっと読むくらいで、あまり興味は持っていませんでしたが、この界隈では有名な方のようですね。

その記事の中でも興味を持ったのが

有料のほうが「コンテンツが面白い」んです というフレーズで爆笑。私は彼の有料メルマガや有料noteを買ったけど、無料・有料どちらもクオリティは変わらなかったし、これって単に「お金がもっと欲しい」というのが本当の理由でしょう。彼は「お金に目がくらんだ」んですね。

イケハヤ、ブログ辞めるってよ - Hagex-day info

 という言葉。有料にするとコンテンツが面白くなるというのがポイントのようです。仮にもブログをやっている私からすれば、どうすれば面白いコンテンツが作れるのかは至上命題でもあります。やはり布教という側面から考えれば、一人でも多くの人に見てもらって興味を持ってもらいたいですから。とはいえ、単に読者を集めるためであれば、こんなマイナーなジャンルを選んだ時点で間違っていると言われればそれまでですけども。

有料の方が面白い?

この引用にも書いてありますが、有料にしたからと言って面白くなるとは思えません。有料であれば、なおさら読者の期待も高まるわけで、そこに面白いと感じさせるのはなかなか難しいかなと思います。

ブログで成り上がった人間が、「金儲けのため」でブログを捨てるなんて、戦略的に大変よろしくないけど、まあイケハヤさんだからね。しかし、長年ウォッチしていたけど、まさかここまでアホなことをやるとは、想像してなかった。年商2000万円とか豪語してたけど、やっぱりウソだったのかな~ 彼に信念やプライドがないことがよくわかりました。

イケハヤ、ブログ辞めるってよ - Hagex-day info

推測にはなりますけど、年商2000万円が嘘でないとすると、この数字は全盛期の売り上げであって、現在は落ち込んできていることが想像できます。そこに来て、有料コンテンツである程度の収益が見込めれば、そちらに流れていくのは想像に難くありません。とは言え、信念やプライドがないという事実が覆るわけではありませんが。

面白いブログを作るために

そういった感じで、あちこち見ていたら、こんな記事もありました。

中でもなるほどと思ったのが、この部分。

まあ話がちょっと飛んでしまいましたが、イケダハヤトさんのお弟子さんが今後インターネットでブログ飯をやってきたいって本気で思ってるのなら、アフィリエイトをばらまくより先に個性とかコンテンツ力とかを身につけた方がいいんじゃないかなぁと思うんですよ。

イケダハヤトさんのお弟子さんはせっかく限界集落に住んでるんだから引きこもってブログなんて書いてちゃ駄目でしょ - 珈琲をゴクゴク呑むように

 やはり個性とかコンテンツ力を鍛えるべきなのかと言うのは考えさせられるところです。さらに例として、パン屋の話が書いてあります。

さっきの田舎のパン屋の人だって、初めからコンテンツ力が高かったわけではありません。パン屋での労働×マルクス経済学、という二つのユニークポイントを身につけた事であの本が生み出せるような存在へとなりえたわけです。

イケダハヤトさんのお弟子さんはせっかく限界集落に住んでるんだから引きこもってブログなんて書いてちゃ駄目でしょ - 珈琲をゴクゴク呑むように

 自分らしさを2つとか3つとか組み合わせて、誰にも真似できないコンテンツを作り上げていくというのが、面白いコンテンツを作る肝なのかなという気がしました。

さて・・・自分には何があるだろうかなー?