読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおなおのクトゥルフ神話TRPG

クトゥルフ神話TRPGを中心として、ゲーム関連の話題を扱っていきます。



【クトゥルフ神話TRPG】【シナリオ】【唄う人形】人形師の鎮魂歌

はじめに

このシナリオは「クトゥルフ神話TRPG」と「クトゥルフ2010」に対応したシナリオです。
全部で5話となるキャンペーン「唄う人形」のシナリオの最初のシナリオとなります。
シナリオ自体は概ね独立しており、個別にプレイすることも可能ですが、背景設定や伏線などもありますので、順番にプレイする事を推奨します。

後半2つのシナリオは伏線回収が多く含まれるため、予め前の3本のシナリオをプレイしておいた方が楽しめます。

探索者は3〜5人を推奨、プレイ時間はどどんとふを用いたオンラインセッションで9〜11時間程度になります。
時代は現代日本。場所は東京になります。探索者としての制限は原則ありません。
最初のシナリオであることから多めに導入パターンを用意してありますので、だいたいどれかに当てはめられるはずです。
推奨技能は目星・聞き耳・図書館・オカルト・説得/精神分析です。
戦闘になる可能性もそれなりにありますので、戦闘系技能についてはあったほうがいいかもしれません。
初心者向けの最初のシナリオということもあり、難易度は☆〜☆☆程度になります。

シナリオ概要

ある日、探索者達は、"重要人物であるという"少女の誘拐事件の捜査を依頼される。

しかし、その誘拐事件の犯人を思われている人物は遺体となって発見されていた。

その遺体の状況が通常では起こり得ない状態で発見されたことにより、この世ならざる者の関与も疑われている中、殺害現場の洋館の窓に被害者の少女と思しき姿を見る。

探索者達は、少女の行方を追って、長い間"幽霊屋敷"と噂されていた洋館へと足を踏み入れる。

実際にプレイした際の状況

このシナリオはテストプレイの際にどどんとふを行ったオンラインテキストセッションで行っております。

その際のメンバーとして、KP(シナリオ製作者)、PL(経験少なめと多めが半々程度)の構成、1日3〜5時間のセッションで大体3日かかりました。

トータルで9〜11時間といったところです。

シナリオの傾向

構想の元となった「悪霊の館」をベースにしており、メインはクローズドサークルの館の探索となっております。

ただし、そこに至るまでの背景として多少の探索要素は入っています。

初心者向けを意識しており、よほどの行動をしない限りは死亡/発狂はしないようになっています。

ただし、どのシナリオにも言えることですが、力押しをしようとすると、死亡/発狂リスクが上がるような設定になっています。

シナリオのダウンロード

以下のリンクからダウンロードできます。

内容はシナリオテキストと館のマップ(参考)になります。

キャラクター画像などは自由に設定してください。

www.dropbox.com